HOME   >   石材振興会とは   >   社長あいさつ

石材振興会とは

社長あいさつ

石は生きている 地球と共に生きている

石は生きている 地球と共に生きている

愛媛県に居を構え活躍された詩人・坂村真民先生が綴られた私が大好きな詩の一つです。

環境問題が連日取りざたされている昨今、この「共に生きる=共存する」という認識こそ今の時代、これからの時代に求められていると感じています。

地球からの大切な贈り物である石たちといかに共存し、また脈々と受け継がれてきた心の文化の素晴らしさを次の世代にどのようにつないで行くのか、それがこれからの石材店が取り組んで行かなければならない課題であるとも考えています。

地球と共に生きている石たちと共感し共存できる場所になればと思い、私たちは伊予市展示場をオープンさせました。石の素晴らしい可能性を未来へとつなぐきっかけになる場所、そんな想いを共感できる伊予展示場へぜひお越しください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

株式会社  石材振興会
代表取締役 高岡 政次

セキシンスタッフ
総勢67名(2016年8月現在)のスタッフで共感できる石材店を目指します。
最前列 中央が代表取締役 高岡 政次

坂村真民(さかむら しんみん)
詩人。1909年熊本生まれ。二十歳のとき岡野直七郎の門に入り、短歌に精進する。終戦後、四国に移り住む。 41歳のときに詩に転じ、個人詩誌「ペルソナ」を創刊。62年より「詩国」を発行し、91年仏教伝道文化賞受賞。2006年12月11日永眠(97歳)。